東京芸術大学大学美術館 展覧会のご案内

東京藝術大学創立130周年記念特別展
藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

美術館・博物館・展覧会@図録ドットJP > キュレイターズ >

図録 / 没後40年 レオナール・フジタ展 Leonard foujita

2,500円 (税込) 送料別

SOLD OUT

  • 発行年:2008年
  • 頁数:267頁
  • 図版点数:175点
  • サイズ:300×230mm

目次

藤田が生きた時代 / 柴勤
80年ぶりに祖国で公開される幻の群像大作 / アン・ル・ディ・ベルデル


第一章 スタイルの確立-「素晴らしき乳白色の地」の誕生 

東京-パリ 藤田のパリでの第一歩 / ソフィー・クレブス

第二章 群像表現への挑戦-幻の大作とその周辺

 《争闘》と《構図》:藤田の未公開作品 / アン・ル・ディ・ベルデル

 もうひとつのルネサンス物語
 ‐藤田嗣治の大作郡の復活‐ / アン・ル・ディ・ベルデル

 日本館壁画《欧人日本への到来の図》に至る大作制作の経緯について
 ‐《争闘Ⅰ》《争闘Ⅱ》《ライオンのいる構図》《犬のいる構図》との関係を中心に / 森谷美保

第三章 ラ・メゾン=アトリエ・フジタ‐エソンヌでの晩年

 ヴィリエ=ル= バクルのラ・メゾン=アトリエ・フジタについて / アン・ル・ディ・ベルデル

 “Mon Interieur”‐私の室内
 「見ることと描くことは、別のことだ。」(パブロ・ピカソの言葉より) / アン・ル・ディ・ベルデル

 平和の聖母礼拝堂(ランス)のための装飾計画の起源 / アン・ル・ディ・ベルデル

第四章 シャペル・フジタ‐キリスト教への改宗と宗教画

 シャペル・フジタ、一つの総合芸術作品 / ダヴィット・リオ

 キリスト教徒フジタ、ランスとシャペル・ノートル=ダム・ド・ラ・ペ(平和の聖母礼拝堂) / 「平和の聖母礼拝堂」建築研究会


藤田嗣治 1929年の帰国の周辺

 藤田嗣治と群像大作
 -1929年の帰国をめぐって / 佐藤幸宏

 1929年の帰国に関する参考文献 / 佐藤幸宏 / 福島文靖

 1929年の藤田嗣治の帰国展をめぐって / 福島文靖 

 「モダン」日本の観た「フジタ」
 ‐1930(昭和5)年、宝塚少女歌劇。レヴュー「パリゼット」 / 三谷理華

 出品目録

 レオナール・フジタ関連施設

Category Lineup