東京芸術大学大学美術館 展覧会のご案内

東京藝術大学創立130周年記念特別展
「皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト」

東西美人画の名作 《序の舞》への系譜

美術館・博物館・展覧会@図録ドットJP > ニューオータニ美術館 >

図録 / パウル・クレー 喜怒哀楽

1,200円 (税込) 送料別

SOLD OUT

  • 発行年:1998年
  • 頁数:119頁
  • 図版点数:45点
  • サイズ:244×190mm

目次

ごあいさつ
天使なるものの系譜 / 池田香代子
クレーの創造的観相学 / 後藤文子
図版 作品解説 / シュテファン・フライ
一 — 観相学の由来
二 — 聖なるもの・俗なるもの
三 — 悲劇的・非悲劇的
四 — 喜怒哀楽
五 — 画家と家族
天使、すなわち純粋理性と抽象芸術 / 藁谷敏晴
〝顔〟をめぐって、クレーにいたる / 中山幹雄
パウル・クレー年譜

収録作品

無題(リリー・クレー=シュトゥンプフ)、顎髭を生やして頬杖をつく若い男の頭部、子供の肖像(フェリックス・クレー)、父を描く、青い目をした青年風の男の頭部、慎重に考える芸術家、造形する芸術家、キリスト教離教者、悪態をつく皇帝ヴィルヘレム、内面の光に照らされた聖女、黄色い男のための素描、バイエルンの民衆劇に登場するおどけ者、草地の隠者、絶望的だ、肖像 - 静物、カプチン会修道士、J・Lの頭部、観相学の由来、しっ!Hさん、エルヴィン、来るよ、額装された頭部、控えめにしている、アクセル・オーテル氏、若き語り手、眼、夢遊病者、「取りかえし不可能」について考える、ふたり分叫ぶ男、よろしかったのに、お願い!、役者風の紳士、魔法使い、おちぶれて、ごめんなさい、気骨者だってつらくなる、どうしてできなかったの?、我慢するよ、気乗りしない旅の間には、過ぎたこと、とは言えまだちょっと、寝癖のついた頭を掻く、忘れっぽい天使、錯乱する、見よ・・・、刺のある言葉

Category Lineup