東京芸術大学大学美術館 展覧会のご案内

藝大コレクション展 2019

■会期
第1期:2019年4月6日(土) - 5月6日(月・休)
第2期:2019年5月14日(火) - 6月16日(日)
※ 大幅な展示替えがございます。
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日
月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)
■会場
東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1
■観覧料
一般430円(320円)、大学生110円(60円)、高校生以下及び18歳未満は無料

美術館・博物館・展覧会@図録ドットJP > キュレイターズ >

図録 / マルク・シャガール 三次元の世界

2,592円 (税込) 送料別

個数

  • 発行年:2017年
  • 頁数:250頁
  • 図版点数:175点
  • サイズ:268×220mm

目次


空間の探求が美しく響きあうのを待ちながら / メレット・メイヤー

はじめに「シャガール 三次元の世界」展について / 冨田章

20世紀彫刻の中のシャガール ― プリミティヴィスムを手がかりに / 冨田章

三次元から四次元ヘ ― シャガールの作品における空間と時間 / 深谷克典

シャガールの立体作品とその偶然的要素に関する一考 / 高橋しげみ

カタログ


絵画から彫刻ヘ ― 《誕生日》をめぐって

空間への意識 ― アヴァンギャルドの影響

穿たれた形 ― 陶器における探究

平面と立体の境界
  ― 聖なる主題
  ― 素材とヴォリューム

立体への志向
  ― 動物モチーフ
  ― 肖像、二重肖像
  ― 重なりあうかたち
  ― 垂直性

精神のジグザグと曲線 ― 絵画、陶器、彫刻を巡る絶え間ない旅 / アンブル・ゴーチェ

「素材の前では謙虚で、従順でなければならない」 / ジョアンヌ・ランコンク

シャガールの彫刻作品に見られる民衆的伝統とロシア芸術の反映 / タマラ・カランダシェーヴァ


資料

マルク・シャガール年譜

作品リスト

主要参考文献

Category Lineup