東京芸術大学大学美術館 展覧会のご案内

御即位記念特別展 雅楽の美

■会期
2020年4月4日(土)- 5月31日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日
月曜日
※ただし、5月4日(月・祝)は開館
■会場
東京藝術大学大学美術館 本館

美術館・博物館・展覧会@図録ドットJP > 府中市美術館 >

図録 / 鹿子木孟郎展 - 師ローランスとの出会い -

1,080円 (税込) 送料別

個数

  • 発行年:2001年
  • 頁数:137頁
  • 図版点数:137点
  • サイズ:297×225mm

目次

ごあいさつ
鹿子木孟郎- デッサンとタブローの間で / 志賀秀孝
図版
・ 鹿子木孟郎の作品
・ の作品
- ローランスとの出会い / 児島薫
年譜
鹿子木孟郎関連の文献
作品目録
謝辞

収録作品

・鹿子木孟郎の作品
少年、老婆、藁葺の家、楠見氏の家屋、野菜図、田無駅、府中 鶏争穀、日本髪の婦人像、少女、少女の顔、横向きの男、子守りのいる風景、赤羽風景、根津権現、水車小屋、水汲み、日本髪の裸婦、津の停車場(春子)、アングル<泉>模写、ジョセフ・バイユ<厨房図>模写、男裸体習作(背面)、男裸体習作(横向)、男裸体習作(立像)、少年像、人体写生、人体写生、裸婦、白衣の婦人、狐のショールをまとえる婦人、上を向く男、髭の老人、自画像、橋の下、ヴェネツィア風景、厨の女、黄昏、ショールをまとう女、裸婦(上半身)、古画の模写、セーヌの河畔、ノルマンディーの浜、「ノルマンディーの浜」のためのデッサン、「ノルマンディーの浜」のオイルスケッチ1、「ノルマンディーの浜」のオイルスケッチ2、「ノルマンディーの浜」のオイルスケッチ3、「ノルマンディーの浜」のオイルスケッチ4、「ノルマンディーの浜」のオイルスケッチ5、「ノルマンディーの浜」のオイルスケッチ6、「ノルマンディーの浜」のオイルスケッチ7、「ノルマンディーの浜」のオイルスケッチ8、「ノルマンディーの浜」のオイルスケッチ9、「ノルマンディーの浜」のオイルスケッチ10、舞子(静の舞)、虚無像、インスピレーション、舞妓緑陰/某未亡人の肖像、室内、四季草花図下絵(春夏秋冬)、加茂の競馬、「加茂の競馬」オイルスケッチ1、「加茂の競馬」オイルスケッチ2、「加茂の競馬」オイルスケッチ3、「加茂の競馬」オイルスケッチ4、「加茂の競馬」オイルスケッチ5、加茂の神馬、神馬、山村風景、巴里パルクモンソーの風景、冬、セーヌ川、モンソー公園、モンソー公園、巴里プラスコンコルドに於いて、アブニューオッシュ、海辺の牛、ブルターニュの少女、ブルターニュ風景、「倶録喜」帳(39葉)より、風景(杜)、裸婦、美妓(未)、婦人像、画家の妻、婦人像、大正十二年九月一日、震災のスケッチ、震災のスケッチ(富士の見える町)、震災のスケッチ、震災スケッチ(風景・震災画稿)、震災のスケッチ、震災のスケッチ、赤手空拳、赤手空拳下図、豊後風連洞の古話、三代目松風嘉定氏肖像、裸婦、裸婦、裸女、丸山公園、マドモアゼル喜多(習作)、風景・水辺・柳、大和吉野川の渓流、大台ヶ原渓流、白系露国娘(長春において)、ショールの婦人像、婦人像、西洋婦人像、浴女、若い女(着物)、車夫一服、木の幹
・ジャン=ポール・ローランスの作品
レジオン・ドヌール宮殿の丸天井の間(記念記帳室)の中央人物のための習作、「ポルトガルのイザベルの棺の前のフランソワ・ド・ボルジア」のための習作、「ポルトガルのイザベルの棺の前のフランソワ・ドボルジア」のための習作、マルソー将軍の居たいの前のオーストリアの参謀たち、シジバルとシルペリック、オフィーリア、パリ市庁舎(ロボーの間)「フランス憲章受託の場面」のための習作(騎乗兵)、パリ市庁舎(ロボーの間)「フランス憲章受託の場面」のための習作(馬の頭部)、パリ市庁舎(ロボーの間)「フランス憲章の受託」のための習作(人物)/、読書する女性、パリ市庁舎(ロボーの間)「パリ市民の暴動鎮圧の場面」のための習作(人物)、習作(牛と人)、イレーヌ、「フランソワ1世のロベール・エティエンヌ印刷所訪問」のための習作、「ルターとその弟子たち」のための習作、オリエントの皇后、年代記、ピエトロ、イヤリングをつけた女性、水かい場、「レヴィ人の神官の妻」のための習作、聖書よりヤエルとシセロ、紋章、
・ポール=アルベール・ローランスの作品
「浴女」のための下絵、娘の顔

Category Lineup