東京芸術大学大学美術館 展覧会のご案内

コミテコルベールアワード 2022 -The beauty of imperfection- 展

■会期 2022年10月15日(土) - 10月30日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
■休館日 月曜日
■観覧料 無料

日本美術をひも解く ― 皇室、美の玉手箱

■会期 2022年8月6日(土) - 9月25日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
■観覧料 一般2,000円、高・大学生1,200円 ※中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方とその介助者1名は無料

美術館・博物館・展覧会@図録ドットJP > 鏑木清方記念美術館 >

図録 / 鏑木清方と昭和の美人画 - 青衿会及び『婦人画報』関係作品所収 -

2,200円 (税込) 送料別

個数

  • 発行年:令和3年
  • 頁数 :155ページ
  • 図版点数 :146点
  • サイズ:300×225mm

目次

あいさつ

「美のありか(部分)」 / 鏑木清方


図版  昭和の美人画

    『婦人画報』口絵/菊池幽芳著『お夏文代』木版口絵

    青衿会展出品作品

青衿会関連資料

『婦人画報』掲載鏑木清方執筆記事・談話 / 関連記事等

『婦人画報』掲載鏑木清方挿絵とあらすじ

構図から探る美人面の変容 -横両面に見る近代性- / 鬼頭美奈子

昭和前期の清方と弟子たちー清方の(築地明石町)から
 (妓女像)までと、弟子たちへ及ぼした影響について―  / 今西彩子

特別寄稿 孫から見た忘られぬ想い出(二) / 根本章雄

鏑木清方 略年譜

作品目録

参考文献

索引

鏑木清方と青衿会の画家たち / 篠原總

『婦人画報』挿絵等目録

昭和の美人画・青衿会関連事項及び美術記事目録

Category Lineup