東京芸術大学大学美術館 展覧会のご案内

藝大コレクション展 2019

■会期
第1期:2019年4月6日(土) - 5月6日(月・休)
第2期:2019年5月14日(火) - 6月16日(日)
※ 大幅な展示替えがございます。
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日
月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)
■会場
東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1
■観覧料
一般430円(320円)、大学生110円(60円)、高校生以下及び18歳未満は無料

円山応挙から近代京都画壇へ

■会期
2019年8月3日(土)~9月29日(日)
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日
月曜日 ※ただし、月曜日が祝日または振替休日の場合は開館、翌日休館
■会場
東京藝術大学大学美術館

美術館・博物館・展覧会@図録ドットJP > 小杉放菴記念日光美術館 >

図録 / 生誕百年記念 最後のエコール・ド・パリ 中村直人展

1,800円 (税込) 送料別

SOLD OUT

  • 発行年:2005年
  • 頁数:79頁
  • 図版点数:98点
  • サイズ:280×225mm

目次

ごあいさつ
中村直人について / 田中正史
中村直人―苦境の時代、彫刻で生きるには― / 千田敬一
図版
略年譜
文献目録
出品リスト

収録作品

<絵画>
パリの赤い家、男の人、黄色い服を着た子供、二人の女性(大原女)、娘と猫の像、コンポジション(いたずら書き1)、コンポジション(いたずら書き2)、コンポジション(いたずら書き3)、男の肖像、裸婦、赤い屋根、パリ風景、教会寺院、巴里の白い家、鳥とピエロ、道化役者(クルン)、シャトルのステンドグラス、荒天(ノルマンディ漁夫)、赤い服の女、翡翠美人、クルン(道化役者)、桃のある静物、パリの裏町、パリの初夏、ピエロ、猫、ピエロと鳥、裸婦、荒天(ノルマンディ漁夫)、荒天(ノルマンディ漁夫)、裸婦、横顔(女)、猫、女と猫、浅間山、ばら、村童、子供と鶴、西瓜のある静物、こども、緑陰に憩う(裸婦)、木枯らし、子供と猫、黄色の花、老人、跳躍猫、風、花瓶と皿、花、ピエロ一家、泣き虫小僧、婦人の像、赤い服の女
<デッサン>
良寛、鷹、鷹、鷹、猫、信州の農家、浅間山、浅間山、浅間山、船、パリ郊外、モンサンミッシェル、荒天ノルマンディ、シャトル、シャトルの裏街、シャトルの裏街、シャトル、アンツシャトー、シャトルの街、荒天(ノルマンディ漁夫)、バラのある部屋
<彫刻>
養老、みみずく、父子、石工、良寛さん、鷹、大原女、レだ(LEDA)母子像、魔除け、カナバール、百舌鳥、道化師の顔、道化師の顔、少女の顔、道化師の顔、少女、武人(バイキング)、釈迦誕生、軍鶏、老人、かもしか、猫、裸婦

Category Lineup