東京芸術大学大学美術館 展覧会のご案内

藝大コレクション展 2019

■会期
第1期:2019年4月6日(土) - 5月6日(月・休)
第2期:2019年5月14日(火) - 6月16日(日)
※ 大幅な展示替えがございます。
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日
月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)
■会場
東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1
■観覧料
一般430円(320円)、大学生110円(60円)、高校生以下及び18歳未満は無料

円山応挙から近代京都画壇へ

■会期
2019年8月3日(土)~9月29日(日)
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日
月曜日 ※ただし、月曜日が祝日または振替休日の場合は開館、翌日休館
■会場
東京藝術大学大学美術館

美術館・博物館・展覧会@図録ドットJP > 町田市立国際版画美術館 >

図録 / 浮世絵モダーン 深水・五葉・巴水・・・伝統木版画の隆盛

850円 (税込) 送料別

SOLD OUT

  • 発行年:2005年
  • 頁数:111頁
  • 図版点数:107点
  • サイズ:257×190mm

目次

ごあいさつ

浮世絵モダーンの系譜 − 近代の伝統木版画界と新作版画の出版 / 岩切信一郎
1.はじめに
2.近代伝統木版の概要
2-1 木版複製への着眼
2-2 出版と提携した版画(多色摺木版挿絵・口絵)からシリーズ版画作成へ
2-3 伝統木版画復興運動による版画
2-4 実用版画
3.浮世絵モダーンを求めて − 伊上凡骨と渡辺庄三郎
4.むすびに

図版

浮世絵モダーンと時代精神 − 対象の抒情から昭和モダーンへ / 滝沢恭司
浮世絵モダーン関連年表
作家解説

出品目録
第一章 明治後期の伝統木版
第1節 口絵木版、輸出用木版
第2節 胎動する浮世絵モダーン
第二章 浮世絵モダーンの出現と展開
第1節 渡辺庄三郎による「新版画」出版
第2節 私家版の世界
第3節 競合する版元
第4節 昭和期・洋画家たちの取り組み
第三章 外国人による伝統版画制作

Category Lineup